歳旦祭
年のはじめに皇室の弥栄と国家・氏子の安寧を希う神事です。大晦日には除夜祭も斎行されて一年間を振り返り、来る新年に向けて清々しくお迎え戴こうと皆様方のお越しを心よりお待ち申し上げております。 また3が日は授与所も開設し、破魔矢・お札などを受けに近隣地域から大勢の参拝者がお参りに来られます。神社でも暮れのうちに総代さんが総出で迎春の準備を執り行いつつ、お手製の甘酒を造りさあ準備は万端に整いました。

 

春季大祭・御田植祭
毎年、4月6日に斎行されます。
午前11時若宮八幡社本殿に於いてまず春季大祭が斎行されます。一般的には祈年祭(きねんさい)と称して、氏神様に秋の実り多き事を祈り、別名「としごいのまつり」ともいい、若宮八幡社3大祭の一つとして大切に守られる神事であります。式次第は宮司の祝詞奏上に続き、巫女さんによる神楽舞の奉納そして玉串拝礼と続きます。一同は同様に摂社である和漢将軍社にも拝礼し春季大祭は終了となります。

 

 

【TOPページ】に戻る

ページの先頭へ戻る