伝統行事のご紹介(御田植祭)
社報「金鷹山」|若宮八幡社では社報「金鷹山」を発行しております。PDFでご覧いただけます。 神社の話 人生儀礼のしおり|人生の節目や子どもの成長のお祝いに 若宮八幡社 blog リンク集
神社のはなし

神社本庁

若宮八幡社や宮司を同じくする兼務神社を始め全国約8万社あるともいわれる神社は御本殿や境内地また氏子崇敬者の大小・多少にかかわらずその一社ごとが独立した宗教法人であります。
この全国津々浦々に至るまでの神社を統括するのが、東京都渋谷区にある神社本庁です。神社本庁(正しくは庁→廳)とは、神宮(伊勢神宮)を本宗と仰ぎ、神社神道を宣布し、祭祀を執行し、斯の道を信奉する者を教化育成し、神社界の興隆を図ることを目的とした宗教法人であります。
戦前の日本に於いては、神道を国家神道とすることで日本国民の道徳の根源として国教化の形を執っておりましたが、大東亜戦争の矛を収めたことを機に、当時の皇典講究所・大日本神祇会・神宮奉斎会の3団体が中心となり、全国神社の総意に基づき内務省の業務を引き継ぐ形で昭和21年2月3日に神社本庁が設立されました。
所謂、教義というものは存在しませんが、古来の伝統に立脚し、実践すべき規範として昭和31年に「敬神生活の綱領」が制定された。
神社本庁の傘下には各都道府県には神社庁が組織され、更に神社庁の参加には各支部が組織されております。杵築市内の神社は大分県神社庁に所属する速見支部に鎮座される神社ということになります。

敬神生活の綱領

神道は天地悠久の大道であって、崇高なる精神を培い泰平を開くの基である。
神慮を畏み祖訓をつぎ、いよいよ道の精華を発揮し、人類の福祉を増進するは、使命を達成する所以である。
ここに綱領をかかげて向かうところを明らかにし、実践につとめて以て大道を宣揚することを期する。

  • 一、神の恵みと祖先の恩とに感謝し、明き清き誠を以て祭祀にいそしむこと
  • 一、世のため人のために奉仕し、神のみこともちとして世をつくり固めなすこと
  • 一、大御心を戴きてむつび和らぎ、国の隆昌と世界の共存共栄とを祈ること

八幡信仰

古代、宇佐の地に発祥し(581)、全国津々浦々の町や村に鎮座する八幡神。その信仰の広がりは、我が国の神々の中で群を抜いている。また、八幡神は多様な側面を持っている。その時代、世の移り変わりに応じて様々に変貌を遂げた神ということが出来る。
古代九州で最大の内乱であった養老4年(720)の隼人の乱、天平12年(740)の藤原広嗣の乱の鎮圧に力のあった八幡神は、まず朝廷の守護神に位置づけられる。その八幡神が中央に進出するきっかけとなったのは、天平勝宝4年(752)の聖武天皇の東大寺大仏造立を助成したことである。このとき、八幡神は破格の位と褒章を授かり、国家の守護神、仏法の守護神として崇められ、東大寺境内に手向山八幡宮が創建される。都が京都に移った平安時代、王城鎮護の神として貞観2年(860)、京都男山に石清水八幡宮(紀氏)がそうけんされ、また東寺など有力寺院の鎮守としても八幡神が迎えられる。更には、源氏を棟梁とする武士たちには武神として崇拝され、康平6年(1063)の鎌倉鶴岡八幡宮をはじめ、全国各地に八幡宮が勧請されていく。
このような八幡神の最大の特徴の一つに、神仏習合つまり仏教との融合がある。八幡神を[八幡大菩薩]と仏名で呼ぶのもその表れであり、仏像と同じように八幡神像を祀り、八幡曼荼羅や八幡縁起などがつくられたのも、仏教との融合の結果である。
【出典 杵築市史】

親神さま 石清水八幡宮

祭神
中御前
応神天皇(第15代) 別名 誉田別尊(ほんだわけのみこと)
西御前
比咩大神(ひめおおかみ)
東御前
神功皇后 別名 息長帯比賣命(おきながたらしひめのみこと)
由来

石清水八幡宮が鎮座される男山は京都の都から見て裏鬼門(西南)に位置し、鬼門(東北)に位置する比叡山延暦寺と共に都の守護と国家鎮護の社として篤い崇敬を受けていました。
平安時代の初め、清和天皇の貞観元年(859)南都大安寺の僧・行教和尚は、宇佐神宮に参籠し八幡大神の「吾れ都近き男山の峰に移座して国家鎮護せん」との御託宣を賜り、同年男山の峰に御神霊を御奉安申し上げたのが石清水八幡宮の起源です。そして朝廷は翌貞観2年(860)男山に八幡造りの社殿を造営し、4月3日に御遷座されました。代々紀田家の子孫である紀氏は石清水八幡宮の神官として奉職しておりましたが、御遷座から御代下りて丁度125年後の寛和元年(985)に前記の如く紀兼貞朝臣は神像を奉戴し、瀬戸内海を西航の上八坂郷に至ったのでありました。若宮八幡社でも明治百年を奉祝した行事が行われ、当時の田中文清宮司揮毫による記念碑も境内に建っております。