若宮八幡社

 

 

若宮八幡社は武運の神様です

若宮八幡社は国東半島の南端部に位置しており、城下町杵築の総鎮守として1000年以上の歴史があります。

 

建久7年(1196年)に大友氏初代当主大友能直が豊前・豊後二国の守護として下向した際、鶴岡八幡宮の分霊を勧請して建立したと伝えられています。

 

「八幡さま」と呼ばれる神社は全国に4万社以上あり、稲荷神社に次ぐ分社数を誇っています。

 

その総本社は、若宮八幡社同じく大分県の宇佐神宮で、そのほか有名な「八幡さま」には、京都府八幡市の石清水八幡宮、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮、宮城県仙台市の大崎八幡宮、奈良市の手向け山八幡宮、福岡市の筥崎宮などが挙げられます。

 

当時先進地域であった北九州に起源する武運の神様です。武士が戦の前に戦勝祈願した神社といえば、やはり八幡さまが挙げられます。

 

神仏習合がなり八幡大菩薩と称され、八幡大菩薩の旗が、戦場を駆け巡るようになっていったようです。

 

 

若宮八幡社のご祭神

  • 大鷦鷯命(おおさざきのみこと)
  • 菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)
  • 宇礼姫(うれひめ)
  • 久礼姫(くれひめ)

 

全国の八幡さまでは、主祭神に八幡神が祀られていますが、この八幡神とは応神天皇のことです。神社によっては本名の誉田別命の名前で祀られていることもあります。

 

また八幡神の母神であるて神功皇后と妃神の比売大神が一緒に祀られているので、「三座一体」と呼ばれ、武運のほかにも縁結び神社としての恋愛成就や安産子育てのご利益もあるといわれています。

 

神功皇后と比売大神に代わり、玉依姫命、仲哀天皇、武内宿禰を祀っている神社もあります。

 

 

若宮八幡社の基本情報

若宮八幡社
〒873-0004 大分県杵築市宮司336
TEL.0978-62-3148

 

交通アクセス:)杵築駅からバスで約10分

 

ページの先頭へ戻る